綺麗な肌にする | エステでツルツル美肌【今、美しく生まれ変わる時!】
青空

綺麗な肌にする

美容皮膚科と皮膚科の違いについて。

皮膚科には普通の皮膚科と美容皮膚科があります。普通の皮膚科の場合は皮膚の病気を治すことを目的としていますので、塗り薬や飲み薬などを処方することで皮膚の病気を治療していきます。それに対して美容皮膚科は皮膚の病気を治療するとともに、皮膚の見た目を重視した治療を行っていきます。例えばニキビを治療した後はニキビ跡やニキビの再発を防ぐための、いわゆる美容を重点に置いた治療を行っていくのです。そのために普通の皮膚科と違い美容皮膚科の場合は、健康保険適用外のケミカルピーリングやイオン導入などの治療も行っていきます。治療内容によっては自費の負担額が普通の皮膚科に比べると多くなりますので、皮膚疾患を治療するだけでなくスキンケアを兼ねて美肌になりたいという人に適しています。またエステサロンに行きたいけれども、皮膚疾患があるためにエステを受けるのに不安がある人にもおすすめです。京都には、専門設備が整ったエステもあるので安心して施術を受けられます。京都以外の地域からも利用者が訪れるようになっています。

治療内容と治療費について。

ところで美容皮膚科の場合は健康保険適用外の治療もあるということで、費用のほうが気になるところですが、ケミカルピーリングやイオン導入などの費用は、美容皮膚科にもよりますが大体1回10,000円前後です。格安が売りのエステサロンで施術を受けた場合と比べると、少々高いかもしれませんが皮膚疾患のある場合は治療もしてもらえますので安心です。またたるみ治療の場合は約60,000円位が相場です。治療内容により費用には幅がありますので、どのような治療内容にどの位の治療費がかかるのか事前に確認しておくことが望ましいといえます。しかし毎日自宅で高価な化粧品を使用したり、エステサロンに通っていても費用はそんなに差がないようです。ここから考えられることとして、皮膚疾患を患っている人にとっては、いきなりエステサロンに通うよりも、美容皮膚科で皮膚疾患をしっかり治療して完璧な肌環境に改善してからエステサロンへと通って効果的なスキンケアを受けることが、美肌への近道といえます。